私達はきのこの未知と可能性を科学し、これからも食の安心と里山の環境保全に貢献し続けます

ごあいさつ

弊社のホームページにアクセスをいただきまして誠にありがとうございます。

 20世紀は科学技術の進歩が社会や人々の生活を豊かにし、21世紀は豊かな自然と安全な食料の確保によって、人間が本当の豊かさと幸せを追及する時代といわれています。しかし、その一方で農業全般を取り巻く情勢は安価な輸入農産物の氾濫、或は流通メカニズムの変貌などによって、経営基盤や販売力の弱い農家にとって、経営環境はますます厳しい方向に向かっていると言わざるを得ません。
 地球規模では増え続ける人口に対して食料不足が叫ばれていながら農産物の価格が世界的に低迷しているという矛盾は、今や日本をはじめ世界の農産物マーケットが、容赦ない市場主義万能の洗礼を受ける仕組みに変化していることを物語っていると同時に、人の命や健康を保障する食糧、農業が市場原理だけで動いてしまってよいのかという問題提起でもあるように思います。
 言うまでもなく、食料は自給が原則、そして、農業はその地域の地形や気象といった自然環境と、そこに暮らす人々の歴史や文化と密接に結びついています。
 従って、それぞれの環境条件の違いによって経済効率や競争力に格差があることは極めて当然のこと。しかし、農業には経済性の追求とは別に“食は命”という何物にも変え難い意義と崇高な理念があります。産業の中で唯一農業だけがカルチャーと呼ばれているゆえんはその本質にあるような気がします。
 人が豊かに幸せに暮らしていくためにはまず農業、農村が、そして何よりも自然が豊かでなければなりません。21世紀にはその為のコストやシステムを、社会やここに暮らす人たちみんなで担うことの大切さにこだわる時代であって欲しいと思います。
 ところで、私たちがこだわる原木しいたけも農業、農村そして自然が豊かでなければ産業として成り立ちません。その意味からも私たちはあくまでも本物の『木の子』にこだわって、これからも原木しいたけの種菌と栽培技術をさらに進化させ、原木しいたけのこだわりをより大きな付加価値にするため全力を傾けていく所存です。

代表取締役社長 相場幸敏
 


 

富士種菌について

名水きのこの里

 

▲ ページの先頭に戻る