私達はきのこの未知と可能性を科学し、これからも食の安心と里山の環境保全に貢献し続けます

F309  新商品 おすすめ

古ホダでも抜群のA品率を誇る品種です。

夏出しは品質と形状で差をつける

植菌年秋、または翌年春の端境期から発生させて、秋まで高回転出来ます。


 



 

真夏に高いA品率

傘の開きが遅く、硬い肉質、その上、気温の高い時期でも粒ぞろいの良い大型キノコが採れます。
キノコのもぎ易さも特徴の一つです。





 
 

古ホダになっても活躍

発生回数を重ねても収量とキノコの品質形状の安定感が抜群です。





 
 

 


《使用時期》         発生推奨時期             発生時期 

1月 2月 3月中旬~
4月中旬
4月中旬~
5月
6月 7月 8月 9月 10月 11月中旬~12月

 
 【F309の使い方例】

  • 植菌年秋1回、翌年5・6月より晩秋まで回転……オガ菌
  • 植菌翌年春より晩秋まで回転……オガ菌・成型菌
     

 

F309 商品詳細
オガ菌(1本、1,200cc) 目安:原木約8?9本分
駒菌(1本、500駒) 目安:原木約15本分
成型菌(1シート、460駒) 目安:原木約8?9本分
※原木は、太さ10cm×長さ90cmの原木を目安としております。

数量 

※『名水きのこの里』のショッピングページへ移動します。
▲ ページの先頭に戻る