私達はきのこの未知と可能性を科学し、これからも食の安心と里山の環境保全に貢献し続けます

2018年07月17日
◆異常高温注意報◆ 猛暑に特別な警戒をお願いします

 この夏は記録的に早い梅雨明けと共に東日本から西日本の広い範囲で人の体温を超えるようなスーパー猛暑日(37℃以上)が連日発生しています。ご承知のように35℃を超える高温に長い時間晒されるとシイタケ菌は致命的なダメージを受ける恐れがあります。気象庁では、これから8月にかけてさらに猛暑が続くと予想しています。従って、今年は例年の夏以上に厳重な暑さ対策が必要となりますので、是非皆様にはお身体を一層ご自愛頂き、ホタ木管理についても特別なご配慮をよろしくお願いいたします。

【参考までに温度を下げるための方法をいくつかご紹介します】

 1、ヨシズをホタ木の上に載せる
   …最も安全かつ手軽に断熱効果が期待できます。
   同時に、屋根シェードの2重掛けやホタ木の低積み等も併せて行って下さい。

2、施設の風通しを良くしてホタ木に冷たい水をこまめに散水管理する
   …ホタ木の即効的な冷却効果が期待できます。特に、夕方散水した後、大型扇風機(工業扇)を使って強制的に施設内に風を送り続けると一層の冷却効果が期待できます。但し、散水した水分が翌日まで残ってしまうとムレや思わぬ雑菌の発生を誘発する恐れがありますので、そのような場合は一回の散水量、及び散水の間隔を加減して下さい。

 3、ハウスやホタ場の屋根山水を行う
   …外気温に対して施設内を5℃
程度下げられるだけでなく急激なホタ木の乾燥を抑えることが期待できます。屋根散水はエバフロー等をハウス等の最上部に乗せ(固定)て水道の蛇口と繋ぐだけの簡単な方法で出来ますので、エアコン設備の代わりとして是非この機会にホタ場や発生舎には屋根散水を設置されることをお勧めします。
 
4、その他、最近では駅やモールの入り口で写真のようなミスト・シャワーを行っている風景を見かけます。簡単で安価なものはホームセンター等で購入できますので施設の周りに設置して見てはいかがでしょう。(10m5000円前後)

 
なお、何かご不明な点がございましたら弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。
いつもより早めから徹底した暑さ対策を行って、実りの秋是非元気なホタ木に仕上げて下さい。

 

きのこかわら版
名水きのこの里


▲ ページの先頭に戻る