私達はきのこの未知と可能性を科学し、これからも食の安心と里山の環境保全に貢献し続けます

2011年10月19日
「放射能測定サービスに関するご案内」

 東日本大震災、並びに、原発事故によって被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
未曾有の大災害となった震災からかなりの月日が経とうとしていますが、遅々として進まない復旧にもどかしさを感じている人は少なくないと思います。中でも、一次産業への放射能汚染の被害の拡大は「食と農」の根幹を揺るがす極めて深刻な問題なだけに、あらゆる力を集結して一刻も早い被害収束、救済に向けた対策が望まれます。
その一方で、自然に寄り添って生きる皆さんの力強さ、食べ物をつくることの尊さを、あらためて日本中が感じているはずです。
弊社では、栽培者の皆さまが原木シイタケをこれからも安心して作り続けられるよう、全力で取り組んでまいります。そのために安心安全な原木確保、使用する水やハウスやホタ場等のチェックと放射性物質除染の技術開発、汚染数値を最小化させるための栽培方法の研究等、安心が保証される原木シイタケ栽培の実現を目指して現在、取り組んでおります。
その一環として、平成23年11月中旬(予定)より、原木、榾木、シイタケ、水、ホタ場他施設の土壌等の放射性物質濃度の測定サービスを開始いたします。測定サービスに関する詳しい内容につきましては、「放射能測定サービスのご案内」でご確認ください。その他、ご不安やお困りの案件がございましたら、遠慮なくご相談ください。
私たちは、この国難に絶望はしません。皆さまと一緒に乗り越えるために頑張らなければならないと考え、既成の枠を超えた様々な連携や共同研究などの活動を始めております。弊社も一緒に解決に向けて努力していく覚悟でございます。
 

「放射能測定サービスに関するご案内」

平成23年11月中旬より開始を予定しております。
詳細に関しましては、今しばらくお待ち下さいませ。
 

きのこかわら版
名水きのこの里


▲ ページの先頭に戻る