私達はきのこの未知と可能性を科学し、これからも食の安心と里山の環境保全に貢献し続けます

2012年04月09日
新基準値と食品における測定方法の改正について

食品中に含まれる放射性物質について、本年4月より新基準値が設定されました。
これまでの放射性セシウムの暫定基準値・一般食品500bq/kgが、新基準値100bq/kgに変更されます。
これに伴い、きのこ原木及びほだ木の基準値が
50bq/kgに設定されました。(4/1より施行)

 基準値(食品)
 (参照 厚生労働省HP「食品中の放射能物質の新たな基準値の概要」について)

 (参照 消費者庁HP「食品中の放射性物質の新基準値のチラシについて」)

また、食品(きのこ)の測定方法についても改正となりました。
 弊社では、放射能測定機のソフトをバージョンアップし、厚生労働省が定めた放射性セシウムスクリーニング法に4月1日から対応いたしております。

 食品(きのこ)の測定方法について
 (参照 厚生労働省HP「食品中の放射性セシウムスクリーニング法の一部改正について」)
 (参照 厚生労働省HP「食品中の放射性物質の試験法について」)


 お客様には引き続き、原木・ホダ木やキノコの自主検査をお勧めいたしております。例え僅かでも放射能汚染の可能性のある地域や不安をお持ちの栽培者の皆様には、無用なトラブルを未然に防止するため、ぜひご利用ください。放射能無料測定サービスについては、原木椎茸栽培者の皆様には弊社のお客様でなくとも原則無料とさせていただきます。弊社または弊社営業技術部担当者までお気軽にお問合せください。
 今こそ業界一丸となって、消費者に安心を届けられるよう、あらゆる努力を払い、一日も早い原木シイタケの信頼回復が図られることを願っております。

 

放射能測定サービスをご希望のお客様は、こちらのお申込書をダウンロード頂き、ご記入の上、FAXまたはE-mailでご送付下さい。

放射能検査 申込書 ( PDF版 Excel版 )
 

きのこかわら版
名水きのこの里


▲ ページの先頭に戻る